鍵にも寿命があります

鍵も寿命があるという事を知ってほしい

個人宅でも企業でも、また店舗でもセキュリティの基本となるのが「鍵」です。
一人暮らしの方なども最近は防犯意識を高く持つ方も多くなり、玄関、窓などに鍵を複数付けるなど、防犯には気を使われています。

しかし、鍵は永久に持つものではなく、やはり劣化による不具合も出てきます。
鍵にも寿命があるという事を、是非、理解していただきたいのです。
どのような鍵を設置しているかによって違いがありますが、一般的に安全に利用できる鍵の耐用年数は10年といわれています。

また古い鍵でもかなり強い鍵を取付けているのでそれほど不安を持っていないという方もいるのですが、古い鍵の開け方を一番よく研究しているのは犯罪者、窃盗犯です。
新しい鍵は開けるためにどのような事が必要なのかわからない、また開けにくい鍵が多くなっています。
これは鍵を作る業者も窃盗犯に対抗するため日夜、強固な鍵を作るために研究しているからです。

しかし窃盗犯も研究熱心な奴がいて、新しい鍵について常にどうすれば開くのか?と研究している奴もいるのです。
古い鍵は研究し尽くされていて、窃盗のプロなら簡単に開けることができます。
劣化という事以外に古い鍵というのは窃盗犯が簡単に開けることができる鍵かもしれないと考えた方がいいのです。

鍵の防犯能力とは何か?

鍵はもちろん防犯能力がなければ困りますが、カギによってその能力の高さが違いますし、種類によって何に強いのか?という違いがあります。
鍵の防犯能力ということにかけては、ピッキングに対抗できる鍵、また破壊について体制を持っている鍵に分けることができます。

ピッキングというのはみなさんもご承知の通り、特殊な工具を利用して鍵穴を破壊せず鍵を開けることができる窃盗犯の技術です。
ピッキングに対抗できる鍵は、ディンプルシリンダーなどの鍵で、不正開錠対策のために研究開発された鍵なのでピッキングに強いといわれています。
しかしこうしたピッキングに強い鍵は、ディスクシリンダー、ピンシリンダーなど種類も色々ですが、すでに開錠可能となっている鍵もあるという事なので、新しいモノの方が安心といえます。

破壊に強い鍵についてはドリルなどを利用して無理やり鍵のシリンダーを破壊し開錠するという強引な方法ですが、最近のものは超鋼プレートなどを利用し破壊されないように作られています。
古いものほどこうした対策がされていないので、やはり破壊される可能性が高いのです。

自宅の鍵はどんな鍵でしょうか?古いモノなら交換した方がいい

自宅の鍵を確認してみましょう。
古い鍵という事なら交換が一番のセキュリティ対策となります。
鍵はディンプルシリンダーと標準シリンダーという2種類の鍵に大別できるのですが、防犯という事を意識するのであれば、やはりディンプルシリンダーの方がより強力です。

ただ玄関の鍵など、シリンダーが交換可能かどうか?という事も、設置によって違いがありますので、(場合によっては玄関ドアごと交換という事もある)専門家の方に交換が可能かどうか確認してみるといいでしょう。

借り家の鍵をなくしたときの対処法

管理会社や大家に連絡

まずは鍵を無くしたことを管理会社や大家さんに連絡しましょう。
全ての鍵を無くした場合は、もちろん管理会社や大家さんに連絡すべきですが、入居時にもらった合鍵を無くした場合でも連絡し、それから合鍵を作るべきです。

最近では合鍵を用意していないところも多いので、そうなると鍵屋を呼ぶこととなります。
もしも鍵穴ごと交換することとなれば、管理会社などが立ち会いのもとで行ったり、交換後に確認にきます。
もちろん鍵屋を呼んだなら鍵交換費用などはあなたが負担しないといけません。

管理会社が合鍵を持っていれば、それを使って鍵を開けてもらうことは出来ますが、もしも鍵を1つでも紛失したとなると、防犯上は危険なので、鍵穴ごとすべて交換しないといけない場合もあります。
どのような場合になたっとしても、鍵を無くしたらまずは連絡し、その後鍵交換という手順を踏みます。
鍵交換する時も、不動産によっては鍵の種類を指定しているところもあるので、その指示に従って、指定された鍵に交換しましょう。

もしも鍵交換が自分で出来、さらに管理会社の許可があるなら、自分で鍵交換をしても構いません。
その場合は鍵屋を呼ぶときの出張費用や、鍵交換の工賃などを節約して安く済ませられます。

またオートロックなどでマンションの入り口に鍵を設けているようなところでは、オートロックのカードキーを紛失した場合は、共有部部分に侵入された可能性が出てきますので、マンション全体の鍵交換をするときもあります。
そうなると数万円の鍵交換の費用では済まないので、注意しましょう。

保険の対象か?

入居時に鍵紛失の保険や家財保険に鍵紛失も補償対象となっている場合は、鍵をなくしたときには保険で交換費用を賄えます。
保険会社によっても補償内容は違っており、鍵を無くして部屋に入れない場合の関係費用の補償や、空き巣に入られて鍵穴ごと交換するときの費用を補償してくれる保険もあります。
しかし、自分の過失で紛失した場合は対象外の保険もありますので、保険内容をよく読んでおくべきです。

このような保険は不動産会社でどこでも取り扱っているわけではなく、入居時に対象の保険が無い場合もありますので、もしも不安なら任意で自分で保険に加入しておくともしもの時に安心です。

警察へ届け出る

紛失したときは最寄りの交番に連絡しましょう。
もしかしたら、落とし物として届いているかもしれません。
また紛失する直前に立ち寄った店や、乗車した電車やバスの駅などにも問い合わせてみると届いているかもしれません。
どこにも届いていない場合は、警察に遺失届を提出しましょう。
鍵が見つかればあなたのところへ届けてくれます。

防犯性能の高い鍵はどんなものか

防犯性とは何か

防犯性が高いとは、空き巣がその鍵を不正解錠するのに時間がかかったり手間がかかたtりする鍵のことでしょう。
そのような観点から考えると、防犯性の高い鍵はディンプルキーなどの構造が複雑な物、アンチロックピンなどのようにピッキングしにくい機構のシリンダーなどのことを言います。

逆に防犯性の低い鍵は、シンプルな構造の鍵であったり、シリンダーが劣化していたりして壊しやすい、ドリルで簡単に壊せてしまうようなシリンダーのことを言います。
防犯性を高めるなら、鍵を1個のみでなく、2個や3個取付けることも防犯性を高めます。
しかしながら、ドアにはチェーンを付けたとしても、チェーンは簡単に切断できるので防犯性を高めることにはなりません。

防犯性の高い鍵の種類

それでは防犯性の高い鍵はどのようなものがあるのか、以下でご紹介します。

・カバスターNEO
2017年に発売されたガバ社の最新シリンダーであす。
ディンプルキーであり、オーナ登録制なので合鍵は登録しないと作れません。
ピッキング耐性があるのはもちろん、鍵壊しなどにも対応しています。

・カバエース
コストパフォーマンスに優れている、ディンプルキーです。
通常の鍵よりもピッキング耐性や鍵壊しにも対応しており、スペアキーも作成しやすいです。
コストを抑えて防犯性を高めたい人におすすめです。

・V-18
ゴール社のドリル破壊に強い鍵です。
アンチピッキングを使用しピッキング耐性や鍵壊しにも対応しており、通常の鍵屋でも複製が可能です。
リバーシブルタイプではないので、少々使いにくいかもしれません。

・FBロック
世界最高クラスの防犯性能のある鍵です。
アルファ社の最上級の鍵です。
シリンダーが4方向構造のためにピッキングしにくい鍵となっています。
合鍵を作成するときは、カードの照合が必要ですが、元々合鍵は5本付いてくるようになっています。

・PRシリンダー
美和ロックのディスクタンブラーを使用しているディンプルキーです。
ディンプルキーの中では比較的一般的であり、合鍵作成費用も安めです。

・GRAND-V
高い防犯性がありながら、合鍵も作りやすい鍵です。
鍵の中では使いやすく、ステンレス製で耐久性もあります。

防犯性の高い鍵はこのようなものがあり、現在鍵メーカーから発売されている種類は、おおよそ防犯性を高めた物が主流です。
もしも鍵が古く構造がシンプルなら、防犯性が低いので、今回ご紹介したような鍵に交換することをおすすめします。
鍵をシンプルな構造のものから、複雑な構造な鍵やディンプルキーに交換するだけでも防犯性が高まります。
どれにするか迷うなら、まずは鍵屋に相談してみるのも良いでしょう。