電子錠のメリット・デメリット

メリット

電子錠は、電気によって鍵を開閉する錠前であり、配線の必要なものから乾電池式のものまであります。
鍵を無くす心配がなくピッキングにも強いと言われており、数字を操作して鍵を開けます。
もちろんこれは個人宅にも取付けることが可能です。
暗証番号さえあれば鍵を開けられるので、家族でそれぞれ鍵を持ち歩く必要もありません。

オートロックにしておけば、扉が閉まれば鍵がかかりますので、鍵をかけ忘れる心配もないです。
また施錠し忘れるとランプやアラームで教えてくれるタイプもあります。
また離れたところからでもリモコンで解錠することも出来ますので、家の中にいてお客さんが来たなら、わざわざドアまで行く必要もないです。

もしも電子錠の他に補助鍵を付けていれば、2重のロックでさらに安全性が高くなります。
マンションに設置するなら、住人が鍵を持ち歩く手間から解放されるのと、また住人が引越して新しい人が入居すれば、暗証番号を変えるだけで良いので、鍵交換する必要もなくなります。
管理者番号も設定できますので、オーナー用の番号を割り当てるようなことも出来ます。

デメリット

電子錠の設置は、通常の鍵と比べると高価になります。
一番安いカードタイプでも2万円ほどであり、リモコン対応など機能を増やせば増やすほど値段は高くなります。

もしもカード式の電子錠なら、カードを持たずに家を出ると、そのまま締め出されることになります。
暗証番号式でも同じであり、暗証番号を忘れてしまうと家に入れなくなります。
もしもどうしても電子錠を開けられない場合は、鍵屋を呼んで開けてもらうこととなり、最悪の場合は今設置している電子錠を取り外し、鍵を開け、新しい電子錠を取付けることとなりますので、10万円近く費用がかかることもあります。

電子式なので故障で開かないことや、停電で作動しない、指紋認証式なら指を認識しない、認識する機械が壊れるなどのことも考えられます。
また自分で設置することは難しいと思いますので、設置したいなら鍵屋を呼んで設置してもらうか、メーカーに頼んで設置してもらうこととなるでしょう。

このようなことがあるために、電子錠と言えども防犯面で万全であるとは限りません。
もしも電子錠を設置するとなると、補助鍵を付けて2重にロックして防犯性を高める、周りに防犯カメラなどを付けておくなどの対策をすると、さらに安全性は高まるでしょう。
電子錠も通常の鍵と同じように、使用していれば数字の盤面が磨り減ったり、中の基盤が古くなってきたりして経年劣化はしてきます。
定期的に調子をチェックしたりして、動作がおかしいようなことがあれば、一度鍵屋に見てもらった方がいいでしょう。

合鍵作成時の相場を紹介

合鍵の相場は曖昧

合鍵を作りたいと思っても、事前に相場を知りたいということもあるでしょう。
特に鍵だと種類もいくつもありますので、相場がわかりにくく、実際に作ってもらうと値段が相場よりも高いのか安いのかわかりません。
値段も鍵屋によって違っており、高いところも安いところもあります。
そんな方のために、合鍵の相場をご紹介します。

合鍵の相場

以下で紹介する値段は、おおよその価格なので、鍵屋によっては違う場合もあります。

・美和ロック

ディスク : 500円前後
マンションや一軒家などで使われている鍵であり、最も構造の簡単な鍵です。
折れた鍵やスペアキーからでも合鍵が作れます。

JNシリンダー : 1,500円~4,000円
防犯性が高いディンプルキーです。
精度が高いのでスペアキーからは作れません。

LBシリンダー : 3,000円~
ロッキングバー方式でピッキングに強いです。
メーカからの取り寄せとなり、納期は2週間以上かかります。
セキュリティーカードを持っているなら、カードがないと作ってもらえません。

・ゴール

ゴールピン : 500円前後
ゴール社の鍵の中でも一般的なピンシリンダーです。
折れた鍵やスペアキーからでも合鍵が作れます。

ゴールV18 : 2,000円から5,000円
防犯性が高いディンプルキーです。
多くの建物で使用されている鍵であり、スペアキーからは作れません。

ゴールGV : 4,000円
ゴール社の中でも特に防犯性の高いグランブイという鍵です。
V18の強化版であり、それよりも複雑な構造です。
セキュリティーカードがないと作れず、メーカーからの取り寄せとなり納期は2週間ほどです。

・日本カバ

カバエース : 4,000円
カバ社のライセンスのある正規店でないと作れません。
純正のブランクキー以外では作れません。

カバスター : 5,000円
2010年に特許が切れて合鍵作成が出来るようになりました。
しかし精度が高く、マイナーチェンジも何度も行っているので、鍵屋にとっては制作難易度が高いです。

カバスターネオ : 3,000円~
鍵のパターンは2兆通り以上という、とても防犯性の高い鍵です。
ピッキングに強くドリル耐性もあり、世界の銀行や美術館でも使われています。
完全登録制の鍵であり、メーカーでしか作れません。
合鍵を作る場合は取り寄せとなります。

・ユーシン・ショウワ

ユーシン・ショウワピン : 500円前後
ピンシリンダーキーであり、構造の簡単な鍵です。
防犯性はさほど高くありません。

ユーシン・ショウワXキー : 2,000円から5,000円
防犯性を高めたディンプルキーです。
制作難易度は高めです。

ユーシン・ショーワNXキー : 2,000円から5,000円
Xキーの進化版であり、縦にピンを追加しピッキング対策を高めています。
鍵のパターンは11兆通りほどであり、非常に防犯性が高いです。
制度が高いので、腕のある所で合鍵を作ってもらうべきです。

合鍵作成時に注意したいポイント

合鍵を作れない場合

合鍵を作成しようと思っても以下のような場合は作成できないこともあります。

・合鍵からは合鍵を作れないことがある

マスターキーの元鍵から合鍵を作ると、僅かではありますが形に誤差が生まれます。
これは合鍵をキーマシンでカットして作るので、どんなに熟練した人が合鍵を作っても誤差は生まれます。
特に形が複雑で精密な鍵ほど、合鍵を作れば作るほど誤差は大きくなっていきます。
場合によっては、合鍵で開けようとしてもシリンダーの形に合わずに開かないことや、引っかかり取れなくなることもあります。

・元から合鍵を作れない
ディンプルキーは通常の鍵と形が違い、このためにメーカー独自仕様の形であり、鍵の種類のよっては専用のマシンでないと作れないことがあり、一般の鍵屋では作れないことがあります。
また登録制の鍵や認証ナンバーを提示しないと作れない鍵は、メーカーでないと作れないこともあります。
このような鍵は合鍵作成に時間がかかります。

またICチップ入りのカードキーは、普通の鍵屋では作れません。
もしも合鍵を作る場合はメーカーで作ることとなり、作る理由も必要となります。
念のために作りたいなどと言う理由では断られることがあります。

合鍵を作るときの注意点

元鍵は必ず保管しておき、使わないようにしましょう。
鍵は長年使うと経年劣化で磨り減ったりして形が変わってきます。
元鍵を長年使って磨り減ったもので合鍵を作ると、合鍵が正常に働かず鍵が開かないこともあります。
元鍵自体が磨り減ったりして使えなくなったなら、シリンダーごと交換することもあります。

もしも合鍵を作るなら1本作れば十分でしょう。
家族分余計に作っておこうなどとすると、紛失の危険も大きくなります。
どうしても数本必要なら、最低限の本数だけ作るようにして、無闇に多めに作ることは止めましょう。
合鍵の保管場所は家の中に保管しておくようにして、外のドアの前の鉢植えの下や郵便受けの下などに保管しておくことは止めましょう。
このような場所は、空き巣にとってはよく知られている場所なので、ここに合鍵を置いておくと、空き巣に入られる確率が非常に高くなります。
面倒くさくても、外出するときは持ち歩くようにしましょう。

合鍵を作る場合は、一般的なギザギザのある鍵は1,000円以下で作ることが出来ますが、もしもメーカーでの制作となるとそれ以上の値段がかかります。
鍵の種類もカバ社やゴール社などとありますので、メーカーによっても制作費用は変わってきます。
場合によっては制作まで1週間や2週間かかることもあるので、合鍵を作るなら緊急時に制作するのではなく、余裕のあるときに作った方がいいでしょう。