長期で家を不在にする時の防犯対策とは?

長期間家を留守にする時、防犯対策を考えていますか?

学生さんもサラリーマンも独身の方の多くは年末年始やお盆など帰省される方が多いですし、ご家族でも年末年始は田舎に帰るご家族が多いです。
最近はまとまった休みが取れるよう連休が作りやすい祝日も多く、ちょっと海外旅行へという方も多くなっています。

連休、長期休暇などで旅行、帰省など長期間家を空けるという方は、その期間中の防犯対策をしっかり考えているでしょうか。
一人暮らしの方でも、帰省してみたら空き巣に入られていたという事もありますし、長期休暇で家を空けるという時、盗みの被害にあう方も非常に多いのです。

家にいるという雰囲気を作るために

ご近所さんと仲良しという事なら、毎朝ポストを見てもらい、郵便物を預かってもらう事もできますし、新聞などはその期間だけ、配達をストップする事が出来ます。
毎日行っていることが今日も行われているとなれば、誰かがいるという事になりますので、窃盗犯もその家を盗みの対象としないことが多くなります。

また帰省など長く家を空ける前に、庭木の手入れなどしっかり行い、庭木が侵入者を隠してくれることのないようにしておくことも大切です。
庭の木や植物が生い茂っている状態では、誰かが留守宅に侵入しても、ご近所さんなど気が付きません。
窃盗犯は庭木が伸びて目隠しになるような家を狙っていたという事も聞きます。

実は防犯目的で高いフェンス、塀を設置する方も多いのですが、中途半端な高さで侵入されてしまえば、内部を人に見られることなく堂々と開錠の作業などが出来てしまいます。
塀が高い、というお宅では防犯カメラが常に作動しているように見せるとか、センサーライトや侵入しようとすると声を発してくれる防犯グッズなどをしっかり設置しておくべきです。

暗くなったらタイマーで照明がつくようにしておく

夜になっても玄関の灯りもつかない、ということではこの家留守ですよと空き巣に教えているようなものです。
そのため、防犯意識の高い家では暗くなる時間帯に灯りが付くようにタイマーなどを設定しておくとか、ラジオなどが付くようにしてあるという家もあります。

最近は電化製品や照明などをスマホなどのモバイルからコントロールできるテクノロジーが利用できるようになっていますので、こうした対応ができる設備を設置するという事も非常に効果的な防犯対策となります。
こうした対策を実際に行っているご家庭の中には、ワンちゃんの声を録音し、タイマーで流すといった対策を講じている方もいるようです。

空き巣の犯人たちは犬にほえられるという事を非常に嫌いますので、ワンちゃんの声作戦は非常にいい作戦になるかもしれません。

空き巣と鉢合わせで被害甚大

空き巣被害のニュースを聞くと防犯を強固にする必要性を強く感じる

毎日、何らかの事件などが報道されていますが、自分たちに関係のない事と思うのは危険です。
今は地方、田舎でも窃盗被害、また盗みに入って犯人と鉢合わせ傷害事件となったなど、窃盗以外の事件に発展する事もあるのです。

こうしたニュースをただ見るのではなく、こういう事件が起こるかもしれないという事を考え、事件の詳細を知っておくという事も大切です。
ご家族を守るため、また一人暮らしされている方などは、防犯への意識を高くするためにも、犯罪のニュースなど、情報を頭に入れておきましょう。

空き巣から傷害事件に発展、という事もあります

窃盗しようと家に侵入してきた犯人は、その家に人がいないと思っていたのに、住人がいた、そこで侵入してきた男に住人が切り付けられたという事件がありました。
犯人は家に誰もいないと思い窓を割って侵入してきたといいます。
カッターナイフのようなもので切り付けられたということなので、住人の方は本当に怖い思いをされたでしょう。

この事件では切り付けられたという被害ですみましたが、場合によっては命を失う危険性もあったと考えられます。
いないと思って入ったところに人がいたことで犯人こそ気が動転し、住人を攻撃してしまったのでしょう。

もしも空き巣被害にあったら、という事にプラスして、押し込み強盗のように入ってくることも考慮し、侵入が安易にできないセキュリティを保持している家にしなければならないということを考えさせられる事件です。

家に人がいないと思わせない配慮を

鍵がついているから安心という事はない、この事件では窓を割って侵入してきたという事なので、人がいるにもかかわらず、いる時間帯ではない、この家には人が今いないと思い犯人が強行に侵入してきたと考えられます。

家に人がいないと思われないようにするためにはどのような事を行えばいいのか、まず、ポストに郵便物や新聞をためないという事が大切です。
また、防犯カメラを設置したり、人感センサーライトなどを設置し、人が侵入してくると明かりがつくような防犯が必要でしょう。

窃盗犯などは人気がないところ、一目が届かない所から侵入しようとしますので、裏口などにもこうしたセンサー、防犯カメラなど設置し、防犯意識が強い家という事を知らしめておくことも重要です。

またエコの時代に怒られそうですが、一部屋灯りをつけていくとか、タイマーで暗くなる時間になって部屋の明かりがつくように設定する、さらに帰宅した時一人であっても、玄関で「ただいまー」と声をわざと出すなど、人がいる家に帰るようなイメージを作ることも防犯のためにいい事です。

カギが出来るまで

色々なところで利用されている鍵、色々な鍵があります

鍵屋として働いていたので、その構造を理解する事も必要で、鍵がどのようにして作られるのか?といった知識もある程度持っていないとならず、当時は新しい鍵が登場するたびに勉強が必要でした。
現在も鍵はドンドン進化しているので、鍵屋さんは本当に大変です。

鍵は玄関以外、車、バイクなどの乗り物にも設置されていますし、ロッカー、スーツケースなどにも利用されています。
鍵がある事で窃盗被害などから守る事が出来るのですが、鍵を研究してしつこく盗みに入る窃盗犯もいます。
そのため、鍵は常に新しいものが作られ、犯罪になりにくい防犯性の高いものが登場しています。

昔は鍵穴と鍵のギザギザをあわせるという単純な作りでしたが最近はコンピューターで計算し鍵のくぼみを設計するというものなので、かなり複雑な作りになっています。

鍵はどのようにして作られる?

現代の鍵作りはまず、鍵のくぼみの編成を構成する、設計するという事から始まります。
鍵のくぼみを一つずつ、コンピューターによって設計し、他の鍵と同じにならないように気の遠くなるほどの鍵違いを作る必要があります。

こうしてコンピューターによって設計された一つ一つ異なる鍵のくぼみデータを利用し、高精度な鍵専用の切削マシンを利用し、データをマシンが読み込んで正確にくぼみを切削していきます。
深さ、角度なども計算され、他の鍵と一つとして同じ物がないように作られている高性能な鍵を作るためには、非常に細かな作業ができるマシンが必要なのです。

こうして高精度なマシンによってつくられた鍵は、1/100mmという高精度なくぼみの検査を行い、不具合がないかどうかを確認し、厳しく作られます。

鍵穴、シリンダーはこうして作られる

鍵穴はシリンダーと呼ばれます。
鍵本体はコンピューターと高精度マシンを駆使して作るのですが、シリンダーの方はその鍵の高精度なくぼみに合わせて一つずつ手作業で組み立てるのです。
やはりこうした部分は手作業しかないのです。

シリンダーが組みあがったら、切削専用マシンできれいに作り上げた鍵が回るかどうか、鍵、シリンダーの組み合わせを一つずつ確認し、検査でOKとなったものだけ、最終的にパーツを取付けて梱包、完成となります。

コンピューターを使っても最終的には手作業で確認しながら組み上げる、こうした緻密な作業によって人の生活、企業を守るための鍵を作る事が出来るのです。
この様に作った鍵でも何もメンテナンスをしない、という事では怖いので、出来れば定期的にメンテナンスを行うという事も考えましょう。

鍵は一般的に10年ほどの耐用年数といわれますが、電子鍵に関しては7年程度といわれています。
鍵は精巧に作られていますが、それに頼るのではなく、長く持たせるためにもメンテナンスや取替などをしっかり考える必要もあります。