空き巣に入られやすい家

家に住人が居るかどうかわかりやすい

空き巣は戸建てでもマンションでもどこでも狙って侵入し、しかもマンションでも高層階にも侵入します。
最上階だから安心ということはなく、屋上から侵入するケースもあります。
まず空き巣に狙われやすい家として、外から住人がいるかどうかわかる家です。

玄関や塀に電灯を設置しており、夜になっても点けていないと留守だとわかってしまします。
夜遅くなるときでも、LEDなどの消費電力の少ない電球を点けておくと良いです。
郵便受けも手紙が溜まっていれば留守だとわかります。
数日間留守にする場合は、新聞を止めたりしておくと良いでしょう。
また空き巣はインターホンを鳴らして、不在かどうか確かめることもあるので、インターホンが鳴っても玄関に誰もいなかったら気をつけましょう。

空き巣は静かに入ろうとする

空き巣は出来るだけ人に見られず、物音を立てないようにして侵入してきます。
外から家の中が見にくい物件は狙われやすく、塀や木で家が囲われているようなところは狙われやすいです。
2階だからと言って、窓を開けっ放しにしたり鍵を開けたまま外出するのも危険です。
特に室外機や配水管などが近くにあれば、それを足場にして2階に行くこともあります。

侵入経路としては、ドアや窓になりますが、これらは出来るだけ素早く開けようとします。
そのために鍵が開いているような場所などは狙われます。
まども出来るだけ壊さずに入ろうとするので、鍵の開いている窓を狙ってくる場合が多く、特に大きめの窓ほどそのまま入れるので狙われやすいです。
周囲が塀などで囲まれて外から見えなければ、そのまま割って侵入することもあります。

防犯設備は侵入を諦めさせるのに効果的であり、センサーライトやホームセキュリティは効果があります。
このために空き巣は、このようなセキュリティ設備の無い家を狙ってきます。
空き巣が狙う家を探すときは、その地域の住民の防犯に関する意識も調べたりします。
例えば、ゴミ収集日以外にゴミが出されていたら、この地域はモラルや連帯感が低いと判断し、狙いやすいと考えます。
地域のコミュニケーションなども重要と言えます。

空き巣に狙われない、侵入されないようにするためには、とにかく空き巣がこの家は危険だと思わせたり、侵入に時間がかかりそうだと思わせたり、他の家から見えてしまうなどと考えさせることが重要です。
このために、家の中に気配がある、死角の少ない家だ、防犯設備があるなどのところは狙われにくいです。
窓も鍵を開けるのに時間がかかると、空き巣は侵入を諦めるので、防犯性の高い鍵に交換したり、補助鍵などを付けて不正解錠に時間がかかるようにしておくと効果的です。

ドアマーキングにご用心

表札などに不審なマーク

ドアマーキングというのをご存じでしょうか。
これは表札やインターホンやガスメーターに訪問販売業者や空き巣が、住人の情報を数文字の数字や記号で書いていくことを言います。
その印には住人の在宅時間や家族構成や年齢などが記載されており、もしも自分の家に書かれているならとても気味が悪いものでしょう。

マーキングの例としては以下のようなものがあり、それぞれ意味があります。
ただしこれらの意味が必ずそのようなことを表わすとは限りません。

・シール
何個か貼っていれば、チェックした回数を表わす。
貼った色で何月にチェックしたか表わす。
黒いシールは家族や男性やインターホンを押しても出ないなど表わす。
白いシールは独身や女性やインターホンを押したら出るなどを表わす。
黄色いシールは、もう少しで売れそうやキチガイなどを表わす。
金色のシールはお金持ちの意味。

・漢字
学=学生、あ=赤ちゃん、い=いける、こ=怖いなどを表わします。

・アルファベット
M=男、W=女、S=一人、SS=土日休み、K=購入したなどを表わします。

・記号
○=話しを聞く、×=話しを聞かない、・=チェックした、〆=無理、△=あと少しなどを表わします。

・数字
20=20代、1=一人、1017=10時から17時まで留守などを表わします。

このような記号や文字を使って、その住人がどんな人物であり、いつ家にいていつ留守なのかを調べています。
印は記号や数字を組み合わせて書かれることもあります。
これらの印は訪問業者同士の情報交換や空き巣同士の情報に使われています。

マーキングされたときの対策

家の表札やガスメーターやインターホンにこのようなマークが書かれていないか、何か不審な文字が無いかなどをチェックしましょう。
いつ書かれるかわからにので、こまめにチェックが必要です。
もしもマークを書かれているのを見つけたら、まずはこまめに消すしかないです。
もしかしたらいたちごっこになるかもしれませんが、住人として対策できる一番の方法はこまめに消すと言うことです。
記録を残さないで相手に情報を提供しないようにしましょう。
マークを書かれたら、生活スタイルを急に変えるなどのことは無理でしょうから、消すのが一番です。

それでも心配なら、警察に相談すると良いでしょう。
マンションなどの集合住宅の場合は、住人全員をまとめて狙われている可能性もあります。
管理会社などにも相談しておくと良いです。
マークを書かれただけなら、その人物に対しては何も違法なことはしてないと重いでしょうが、軽犯罪法でみると、軽犯罪法第1条33に反しており、工作物若しくは標示物を汚した者に該当する者は、これを拘留又は科料に処する、と明記されています。

電子錠のメリット・デメリット

メリット

電子錠は、電気によって鍵を開閉する錠前であり、配線の必要なものから乾電池式のものまであります。
鍵を無くす心配がなくピッキングにも強いと言われており、数字を操作して鍵を開けます。
もちろんこれは個人宅にも取付けることが可能です。
暗証番号さえあれば鍵を開けられるので、家族でそれぞれ鍵を持ち歩く必要もありません。

オートロックにしておけば、扉が閉まれば鍵がかかりますので、鍵をかけ忘れる心配もないです。
また施錠し忘れるとランプやアラームで教えてくれるタイプもあります。
また離れたところからでもリモコンで解錠することも出来ますので、家の中にいてお客さんが来たなら、わざわざドアまで行く必要もないです。

もしも電子錠の他に補助鍵を付けていれば、2重のロックでさらに安全性が高くなります。
マンションに設置するなら、住人が鍵を持ち歩く手間から解放されるのと、また住人が引越して新しい人が入居すれば、暗証番号を変えるだけで良いので、鍵交換する必要もなくなります。
管理者番号も設定できますので、オーナー用の番号を割り当てるようなことも出来ます。

デメリット

電子錠の設置は、通常の鍵と比べると高価になります。
一番安いカードタイプでも2万円ほどであり、リモコン対応など機能を増やせば増やすほど値段は高くなります。

もしもカード式の電子錠なら、カードを持たずに家を出ると、そのまま締め出されることになります。
暗証番号式でも同じであり、暗証番号を忘れてしまうと家に入れなくなります。
もしもどうしても電子錠を開けられない場合は、鍵屋を呼んで開けてもらうこととなり、最悪の場合は今設置している電子錠を取り外し、鍵を開け、新しい電子錠を取付けることとなりますので、10万円近く費用がかかることもあります。

電子式なので故障で開かないことや、停電で作動しない、指紋認証式なら指を認識しない、認識する機械が壊れるなどのことも考えられます。
また自分で設置することは難しいと思いますので、設置したいなら鍵屋を呼んで設置してもらうか、メーカーに頼んで設置してもらうこととなるでしょう。

このようなことがあるために、電子錠と言えども防犯面で万全であるとは限りません。
もしも電子錠を設置するとなると、補助鍵を付けて2重にロックして防犯性を高める、周りに防犯カメラなどを付けておくなどの対策をすると、さらに安全性は高まるでしょう。
電子錠も通常の鍵と同じように、使用していれば数字の盤面が磨り減ったり、中の基盤が古くなってきたりして経年劣化はしてきます。
定期的に調子をチェックしたりして、動作がおかしいようなことがあれば、一度鍵屋に見てもらった方がいいでしょう。