車の盗難対策「イモビライザー」

車の盗難、これってかなりショックな出来事です

車は仕事でもプライベートでもよく利用する移動手段ですが、もしも盗難なんてことになったら?ショックが大きくて何をしたらいいのかわからないほど動揺すると思います。
実際、私も鍵修理業者として働いていた時には、必要不可欠な物でありなくては仕事にならないものだったので、車の盗難が多くなっているという事を聞くとぞっとします。

最近はイモビライザーというものがあり、盗難防止のために必ず付けるという方も多くなっていますが、みなさんはイモビライザーをご存知でしょうか。
これは車の防犯装置で、最近の車には搭載されるようになってきています。
イモビライザーが設置されている車には、正規の鍵以外ではエンジンがかかりませんので、レッカー移動の犯罪以外、効果を発揮します。

こうしたイモビライザー搭載の車で利用するカギは、イモビライザーキーと呼ばれるもので、内部にイモビチップと呼ばれるチップが入っています。
車の盗難にあわないように、イモビライザーの事について詳しくなっておきましょう。

イモビライザーの仕組みと効果

イモビライザーの鍵には、鍵の頭の部分にイモビチップ、トランスポンダと呼ばれるチップが内蔵されていて、このチップにIDコードが書き込まれていて、同様に車のエンジン部分のECUという部分にもIDコードが書き込まれています。
車のIDコードと鍵のIDコードが一致した場合のみ、エンジンがかかるような仕組みとなっているわけです。

こうしたイモビライザーを利用する事によって、IDが一致しない鍵を無理に利用しようとしてもエンジンがかからないため、盗難は不可能です。
車の鍵がなくてもこれまでの盗難では、配線を直結させることでエンジンをかける事が出来たのですが、IDが一致しない限りエンジンがかからないので、配線直結も効果なし、という事になります。

車の窓を壊して中のものを盗むという被害にあう事はあっても、車そのものを盗まれるという事はレッカーなどを利用した大掛かりな犯罪以外、乗り逃げなどの犯罪被害にあう事はこれによって格段に減少したのです。

なくしてはならないイモビライザーキー

以前イモビライザーキーを無くしてしまい、鍵を作ってほしいなどの依頼を受けたこともありますが、イモビライザーキーの知識を持っていたので、合い鍵を作ってドアを開ける事が出来ても、エンジンはかかりませんよ?とお客様に伝えることが出来ました。
結局、その方は車の中に携帯が入っていたのでそれがないと困るという事で、合い鍵を作ってとりあえずドアは開けました。
しかしエンジンはIDが一致しない限りかからないので、結局、家の方に(かなり遠方)スペアキーを持ってきてもらう事になり、かなりの時間そこでお待ちになっていただろうと思います。

イモビライザーの事をよく理解しておらず、合い鍵があれば何とかなると思う方も多いのですが、イモビライザーキーをなくした場合、非常に困ったことになるという事をこの機会にしっかり記憶しておく方がいいでしょう。

鍵穴お手入れが重要!

鍵の調子がおかしいという時、改善する方法があります

鍵がガタガタしている、回すときに違和感がある、なんだか調子が悪く鍵の入り方がおかしい?などと感じる時、意外と簡単な方法で解決する事もあります。
専門家を呼んだ方がいいかな?と思う時でも、まず、改善できるかどうか試してみる価値はあるでしょう。

鍵というのはそこに暮らす人が安心して暮らせるように、犯罪被害などに合わないように設置されるものです。
鍵をかけて外出する事で、知らない人が勝手に家に入る事もありませんし、窃盗などの被害から住宅を守る事が出来ます。

またお子さんがいる、年ごろの女の子がいるという場合でも、鍵を玄関、窓などにしっかり取付けることで、安心した生活を送る事もできます。
しかしこの鍵が開かないとなると、外出していれば家に入れないという事もありますし、外出したくても鍵をかける事が出来ないので心配で外出できないという事もあります。

鍵はおかしいなと思う時、その調子の悪さを自分で改善できるかどうか試してみて、それでもおかしいという事なら、専門家を依頼し早めに修理してもらう方がいいでしょう。

鍵の調子が悪い原因とは・・意外に単純なものが多い

鍵はかなり頑丈に作られているので、そう簡単に壊れることはない部分です。
しかし、銚子が悪いなと思うなら、意外に単純なことが原因で飽きにくくなっている、まわしにくくなっていることが多いのです。

例えば洋服のポケット、バッグの中などに鍵を入れていて、次第に鍵の凹凸部分にゴミが付着し、それによって鍵がまわしにくくなっているという事もありますし、鍵穴の方にゴミ、埃などがつまって、鍵穴の溝のかみ合わせが悪くなっているという事もあります。

建築年数の長い建物などは、鍵穴が経年劣化によってすり減り、鍵の滑りが悪くなっていることで回りにくくなっているという事もあります。

鍵の調子がおかしいという時絶対にしてはいけないこと

こうした鍵の不具合がある時、みなさんが結構安易にしてしまう事、それは鍵がおかしいな?とガチャガチャと無理に回したり、何度も抜いたり挿したりを繰り返すなどの行為です。
こうしたことを繰り返していると鍵が鍵穴に刺さったまま折れてしまうという事もあります。

なんだかきれいに鍵が入らない、まわりにくいという事でサラダ油など、食用油を注入してしまう方もいますが、食用油は潤滑剤の代わりになりません。
中にゴミなどが付着していると固まってより一層鍵の調子が悪くなることもあります。
市販の潤滑剤なども、鍵穴を劣化させることがあるので、安易に利用する事はさけてほしいのです。

鍵の不具合はまずこうして対応してみることが大切

まずは鍵そのものを歯ブラシなど利用して凹凸部分等、キレイに掃除します。
付着しているゴミなどをきれいに取り除くことで簡単に鍵が周るようになる事も少なくありません。
特にディンプルキーなど鍵の表面に小さいくぼみがいくつか存在する種の鍵はこうしたことが原因という事も多いのです。

鍵が鍵穴に入りずらいという時には、鍵の溝や凸凹部分に鉛筆を塗り込みます。
鉛筆の芯には黒鉛が利用されているので、これが潤滑油代わりになり、ここには鍵に悪影響を及ぼす成分が含まれていないので、安心して利用できるのです。

鍵穴には掃除機の先端を押しつけて左右に降りながら中のほこりなどを吸出すか、パソコンなどの清掃用に利用するエアーダスターなどで埃を出します。
これらの清掃、作業が終わったら鍵専用の潤滑油がありますので(ホームセンターなどに売っています)、それを利用し滑りをよくします。

こうした対応を行ってみて、それでも鍵の調子がおかしいという事なら、専門家に依頼し早めに見てもらう方がいいでしょう。

鍵にも寿命があります

鍵も寿命があるという事を知ってほしい

個人宅でも企業でも、また店舗でもセキュリティの基本となるのが「鍵」です。
一人暮らしの方なども最近は防犯意識を高く持つ方も多くなり、玄関、窓などに鍵を複数付けるなど、防犯には気を使われています。

しかし、鍵は永久に持つものではなく、やはり劣化による不具合も出てきます。
鍵にも寿命があるという事を、是非、理解していただきたいのです。
どのような鍵を設置しているかによって違いがありますが、一般的に安全に利用できる鍵の耐用年数は10年といわれています。

また古い鍵でもかなり強い鍵を取付けているのでそれほど不安を持っていないという方もいるのですが、古い鍵の開け方を一番よく研究しているのは犯罪者、窃盗犯です。
新しい鍵は開けるためにどのような事が必要なのかわからない、また開けにくい鍵が多くなっています。
これは鍵を作る業者も窃盗犯に対抗するため日夜、強固な鍵を作るために研究しているからです。

しかし窃盗犯も研究熱心な奴がいて、新しい鍵について常にどうすれば開くのか?と研究している奴もいるのです。
古い鍵は研究し尽くされていて、窃盗のプロなら簡単に開けることができます。
劣化という事以外に古い鍵というのは窃盗犯が簡単に開けることができる鍵かもしれないと考えた方がいいのです。

鍵の防犯能力とは何か?

鍵はもちろん防犯能力がなければ困りますが、カギによってその能力の高さが違いますし、種類によって何に強いのか?という違いがあります。
鍵の防犯能力ということにかけては、ピッキングに対抗できる鍵、また破壊について体制を持っている鍵に分けることができます。

ピッキングというのはみなさんもご承知の通り、特殊な工具を利用して鍵穴を破壊せず鍵を開けることができる窃盗犯の技術です。
ピッキングに対抗できる鍵は、ディンプルシリンダーなどの鍵で、不正開錠対策のために研究開発された鍵なのでピッキングに強いといわれています。
しかしこうしたピッキングに強い鍵は、ディスクシリンダー、ピンシリンダーなど種類も色々ですが、すでに開錠可能となっている鍵もあるという事なので、新しいモノの方が安心といえます。

破壊に強い鍵についてはドリルなどを利用して無理やり鍵のシリンダーを破壊し開錠するという強引な方法ですが、最近のものは超鋼プレートなどを利用し破壊されないように作られています。
古いものほどこうした対策がされていないので、やはり破壊される可能性が高いのです。

自宅の鍵はどんな鍵でしょうか?古いモノなら交換した方がいい

自宅の鍵を確認してみましょう。
古い鍵という事なら交換が一番のセキュリティ対策となります。
鍵はディンプルシリンダーと標準シリンダーという2種類の鍵に大別できるのですが、防犯という事を意識するのであれば、やはりディンプルシリンダーの方がより強力です。

ただ玄関の鍵など、シリンダーが交換可能かどうか?という事も、設置によって違いがありますので、(場合によっては玄関ドアごと交換という事もある)専門家の方に交換が可能かどうか確認してみるといいでしょう。