カギが出来るまで

色々なところで利用されている鍵、色々な鍵があります

鍵屋として働いていたので、その構造を理解する事も必要で、鍵がどのようにして作られるのか?といった知識もある程度持っていないとならず、当時は新しい鍵が登場するたびに勉強が必要でした。
現在も鍵はドンドン進化しているので、鍵屋さんは本当に大変です。

鍵は玄関以外、車、バイクなどの乗り物にも設置されていますし、ロッカー、スーツケースなどにも利用されています。
鍵がある事で窃盗被害などから守る事が出来るのですが、鍵を研究してしつこく盗みに入る窃盗犯もいます。
そのため、鍵は常に新しいものが作られ、犯罪になりにくい防犯性の高いものが登場しています。

昔は鍵穴と鍵のギザギザをあわせるという単純な作りでしたが最近はコンピューターで計算し鍵のくぼみを設計するというものなので、かなり複雑な作りになっています。

鍵はどのようにして作られる?

現代の鍵作りはまず、鍵のくぼみの編成を構成する、設計するという事から始まります。
鍵のくぼみを一つずつ、コンピューターによって設計し、他の鍵と同じにならないように気の遠くなるほどの鍵違いを作る必要があります。

こうしてコンピューターによって設計された一つ一つ異なる鍵のくぼみデータを利用し、高精度な鍵専用の切削マシンを利用し、データをマシンが読み込んで正確にくぼみを切削していきます。
深さ、角度なども計算され、他の鍵と一つとして同じ物がないように作られている高性能な鍵を作るためには、非常に細かな作業ができるマシンが必要なのです。

こうして高精度なマシンによってつくられた鍵は、1/100mmという高精度なくぼみの検査を行い、不具合がないかどうかを確認し、厳しく作られます。

鍵穴、シリンダーはこうして作られる

鍵穴はシリンダーと呼ばれます。
鍵本体はコンピューターと高精度マシンを駆使して作るのですが、シリンダーの方はその鍵の高精度なくぼみに合わせて一つずつ手作業で組み立てるのです。
やはりこうした部分は手作業しかないのです。

シリンダーが組みあがったら、切削専用マシンできれいに作り上げた鍵が回るかどうか、鍵、シリンダーの組み合わせを一つずつ確認し、検査でOKとなったものだけ、最終的にパーツを取付けて梱包、完成となります。

コンピューターを使っても最終的には手作業で確認しながら組み上げる、こうした緻密な作業によって人の生活、企業を守るための鍵を作る事が出来るのです。
この様に作った鍵でも何もメンテナンスをしない、という事では怖いので、出来れば定期的にメンテナンスを行うという事も考えましょう。

鍵は一般的に10年ほどの耐用年数といわれますが、電子鍵に関しては7年程度といわれています。
鍵は精巧に作られていますが、それに頼るのではなく、長く持たせるためにもメンテナンスや取替などをしっかり考える必要もあります。

最新の鍵事情

鍵は時代と共に進化し防犯のために役だっています

古いアパートなどにお住まいの方などは、ぎざぎざの山がついている鍵を利用されているという場合も多いのですが、こうした鍵について、防犯面で脆弱な部分があるという事は理解されているでしょうか。

最近は物騒になり田舎でもちょっとそこまでいく際、鍵を必ずかけるようにと交番のお巡りさんが家々を回っているという事も聞きます。
一人暮らしの女性などは鍵を2個取り付ける、窓も二重鍵にするなど、防犯意識を高く持っている方もいますが、中には、「私なんて何も持っていないから泥棒が入るわけがない」と防犯意識の低い方もいます。

しかし昨今、犯罪は非常に悪質化していて、窃盗という事以外、強姦目的で侵入してくるという事も多くなっていますので、鍵の事について、また今鍵が大きく進化していることなどをしっかり理解し、防犯意識を高めてほしいのです。

電子キーが広まっている現代

オフィスなどでよく利用されているテンキーやカードキーなどの電子キーは、非常に便利で複数の方が利用するという企業などで活躍しています。
カードキーなら付属枚数が多いので複数の方に渡すことができますし、テンキーであれば鍵そのものを持つ必要がありません。
倉庫などでこうした電子キーを使うということは一般的なのですが、最近はマンションなどの賃貸物件でも電子キーを取り入れるところが多くなっています。

電子キーの特徴として、鍵穴交換を行うことなく鍵を簡単に変える事が出来るという利点がありますが、こうした利点は確かに賃貸物件など暮らす人の入れ替わりが激しいマンションなどに向いています。

鍵穴がない、防犯性が高い、さまざまな被害から保護できる

カードキーやテンキーなどの電子キーは鍵穴が存在しません。
鍵を開錠する窃盗被害などの場合、ピッキングや鍵穴そのものを破壊するといった方法で侵入されるのですが、鍵穴が存在しない電子キーはこうした被害に合わないという利点もあります。

こうした被害に合わない、防犯性が高いという事で最近は一戸建て住宅でもこうした電子キーを設置してほしいと希望されるご家族が多いと聞きます。
電子キーとはまた違う方式になりますが、電池などの電源を必要としないメカニカル構造の鍵も注目が集まっています。
この場合、電源工事などの設備工事が必要ないという事、またテンキー同様、ボタン入力での開錠なので鍵穴もなく自動施錠タイプという非常に防犯性の高い鍵です。
電気を利用していないという事で、水にも強く、設置場所を選ばないという利点もあるため、こうした鍵はこの先、さらに広く普及していくだろうといわれています。

鍵は古いタイプのものだと窃盗犯などが知り尽くしていて、簡単に開けることができるタイプも存在しています。
賃貸などで鍵を取り換える事が出来ないという時には、別に鍵を取付ける等、二重・三重の防犯を考える必要もあるでしょう。
しかし取り換える事が出来るという事なら、こうした電子キーの導入も考えてみるべきです。

車の盗難対策「イモビライザー」

車の盗難、これってかなりショックな出来事です

車は仕事でもプライベートでもよく利用する移動手段ですが、もしも盗難なんてことになったら?ショックが大きくて何をしたらいいのかわからないほど動揺すると思います。
実際、私も鍵修理業者として働いていた時には、必要不可欠な物でありなくては仕事にならないものだったので、車の盗難が多くなっているという事を聞くとぞっとします。

最近はイモビライザーというものがあり、盗難防止のために必ず付けるという方も多くなっていますが、みなさんはイモビライザーをご存知でしょうか。
これは車の防犯装置で、最近の車には搭載されるようになってきています。
イモビライザーが設置されている車には、正規の鍵以外ではエンジンがかかりませんので、レッカー移動の犯罪以外、効果を発揮します。

こうしたイモビライザー搭載の車で利用するカギは、イモビライザーキーと呼ばれるもので、内部にイモビチップと呼ばれるチップが入っています。
車の盗難にあわないように、イモビライザーの事について詳しくなっておきましょう。

イモビライザーの仕組みと効果

イモビライザーの鍵には、鍵の頭の部分にイモビチップ、トランスポンダと呼ばれるチップが内蔵されていて、このチップにIDコードが書き込まれていて、同様に車のエンジン部分のECUという部分にもIDコードが書き込まれています。
車のIDコードと鍵のIDコードが一致した場合のみ、エンジンがかかるような仕組みとなっているわけです。

こうしたイモビライザーを利用する事によって、IDが一致しない鍵を無理に利用しようとしてもエンジンがかからないため、盗難は不可能です。
車の鍵がなくてもこれまでの盗難では、配線を直結させることでエンジンをかける事が出来たのですが、IDが一致しない限りエンジンがかからないので、配線直結も効果なし、という事になります。

車の窓を壊して中のものを盗むという被害にあう事はあっても、車そのものを盗まれるという事はレッカーなどを利用した大掛かりな犯罪以外、乗り逃げなどの犯罪被害にあう事はこれによって格段に減少したのです。

なくしてはならないイモビライザーキー

以前イモビライザーキーを無くしてしまい、鍵を作ってほしいなどの依頼を受けたこともありますが、イモビライザーキーの知識を持っていたので、合い鍵を作ってドアを開ける事が出来ても、エンジンはかかりませんよ?とお客様に伝えることが出来ました。
結局、その方は車の中に携帯が入っていたのでそれがないと困るという事で、合い鍵を作ってとりあえずドアは開けました。
しかしエンジンはIDが一致しない限りかからないので、結局、家の方に(かなり遠方)スペアキーを持ってきてもらう事になり、かなりの時間そこでお待ちになっていただろうと思います。

イモビライザーの事をよく理解しておらず、合い鍵があれば何とかなると思う方も多いのですが、イモビライザーキーをなくした場合、非常に困ったことになるという事をこの機会にしっかり記憶しておく方がいいでしょう。