災害発生時に起きる空き巣・盗難の対策

震災の際、防犯はどうする?これはしっかり考えておきたい問題

東日本大震災では未曽有の被害が日本を襲い、特に東北地方では甚大な被害があり、尊い命が奪われました。
復興するまでにはまだまだ時間がかかる現状がありますが、この甚大な被害の後、大きな災害が発生した場合の防犯について、という問題が浮上しました。

被災地では命を救うという事が第一に行われ、これは紛れもない事実です。
しかしその反面、被災された方々の財産が行方知れずのうちに盗難の被害にあった、また避難所で盗難等の問題があったなど、情報が飛び交ったのです。
本当に被災地での盗難があったのかどうかという事実を確かにする前に、万が一、こうした大規模災害があった場合、自分は、いえ家族は自分たちの財産を守ることができるのかという事が最も考えなくてはならない問題ではないか?と感じます。

自分の場合、それほどの財産を持っているという事もないので、心配には及ばないと考える事もできますが、自宅に金庫があるとか、命と同様に大切な家宝があるとか、先祖から受けついだものがある・・などの場合、今、自分たちが動けるうちにできる、大規模災害に備えた防犯対策を考慮しておくこと、実施しておくことが望まれます。

被災地でのリスク、それはどのようなことなのか

海外でも大きな災害の後、窃盗、空き巣被害があるといいますが、被災地での犯罪に関するリスクといえば、地域の警察などが命を助けるための行動をとっている、また危険回避に動いているため、防犯能力がかなり低下しているという点が挙げられます。

防犯能力が低下しているという事は、空き巣、窃盗犯などにとって格好の仕事場となってしまいます。
捕まるリスクが低いのですから、当然のことながら空き巣などの犯罪者の中には心無いものがいて、こういう時こそ動けとばかりに荒稼ぎをするといわれています。

住宅への侵入も、たとえ警備会社と連携したセキュリティシステムを導入していても、こうした大規模災害の場合には、通常、ライフラインは途切れているわけで、電気が通っていないという事は侵入したという事も当然わかりませんし、大体、駆けつけてくれる警備員もいません。

こうしたことからいえることは、侵入対策についてはこうした大規模災害の時、個人がどのくらい備えておけるのかという事にかかっているのです。

非難するときにはできる限り施錠を

東日本大震災の時には津波による被害が最も大きいものとなってしまいましたが、津波が来ない地域であれば、施錠するという事が大いに役立つ可能性があります。
空き巣などはピッキングなどによって家の中に入ってくると考えられますが、実は最も多い侵入ルートといわれてるのが、窓の鍵のかけ忘れ、玄関ドアの鍵のかけ忘れです。

非常事態というときこそ、「なにがおこるか変わらない」という事を肝に銘じて、できる限り施錠をおこなう、貴重品などは普段から見えるところに置かないという癖をつけておくことが大切です。

長期で家を不在にする時の防犯対策とは?

長期間家を留守にする時、防犯対策を考えていますか?

学生さんもサラリーマンも独身の方の多くは年末年始やお盆など帰省される方が多いですし、ご家族でも年末年始は田舎に帰るご家族が多いです。
最近はまとまった休みが取れるよう連休が作りやすい祝日も多く、ちょっと海外旅行へという方も多くなっています。

連休、長期休暇などで旅行、帰省など長期間家を空けるという方は、その期間中の防犯対策をしっかり考えているでしょうか。
一人暮らしの方でも、帰省してみたら空き巣に入られていたという事もありますし、長期休暇で家を空けるという時、盗みの被害にあう方も非常に多いのです。

家にいるという雰囲気を作るために

ご近所さんと仲良しという事なら、毎朝ポストを見てもらい、郵便物を預かってもらう事もできますし、新聞などはその期間だけ、配達をストップする事が出来ます。
毎日行っていることが今日も行われているとなれば、誰かがいるという事になりますので、窃盗犯もその家を盗みの対象としないことが多くなります。

また帰省など長く家を空ける前に、庭木の手入れなどしっかり行い、庭木が侵入者を隠してくれることのないようにしておくことも大切です。
庭の木や植物が生い茂っている状態では、誰かが留守宅に侵入しても、ご近所さんなど気が付きません。
窃盗犯は庭木が伸びて目隠しになるような家を狙っていたという事も聞きます。

実は防犯目的で高いフェンス、塀を設置する方も多いのですが、中途半端な高さで侵入されてしまえば、内部を人に見られることなく堂々と開錠の作業などが出来てしまいます。
塀が高い、というお宅では防犯カメラが常に作動しているように見せるとか、センサーライトや侵入しようとすると声を発してくれる防犯グッズなどをしっかり設置しておくべきです。

暗くなったらタイマーで照明がつくようにしておく

夜になっても玄関の灯りもつかない、ということではこの家留守ですよと空き巣に教えているようなものです。
そのため、防犯意識の高い家では暗くなる時間帯に灯りが付くようにタイマーなどを設定しておくとか、ラジオなどが付くようにしてあるという家もあります。

最近は電化製品や照明などをスマホなどのモバイルからコントロールできるテクノロジーが利用できるようになっていますので、こうした対応ができる設備を設置するという事も非常に効果的な防犯対策となります。
こうした対策を実際に行っているご家庭の中には、ワンちゃんの声を録音し、タイマーで流すといった対策を講じている方もいるようです。

空き巣の犯人たちは犬にほえられるという事を非常に嫌いますので、ワンちゃんの声作戦は非常にいい作戦になるかもしれません。

空き巣と鉢合わせで被害甚大

空き巣被害のニュースを聞くと防犯を強固にする必要性を強く感じる

毎日、何らかの事件などが報道されていますが、自分たちに関係のない事と思うのは危険です。
今は地方、田舎でも窃盗被害、また盗みに入って犯人と鉢合わせ傷害事件となったなど、窃盗以外の事件に発展する事もあるのです。

こうしたニュースをただ見るのではなく、こういう事件が起こるかもしれないという事を考え、事件の詳細を知っておくという事も大切です。
ご家族を守るため、また一人暮らしされている方などは、防犯への意識を高くするためにも、犯罪のニュースなど、情報を頭に入れておきましょう。

空き巣から傷害事件に発展、という事もあります

窃盗しようと家に侵入してきた犯人は、その家に人がいないと思っていたのに、住人がいた、そこで侵入してきた男に住人が切り付けられたという事件がありました。
犯人は家に誰もいないと思い窓を割って侵入してきたといいます。
カッターナイフのようなもので切り付けられたということなので、住人の方は本当に怖い思いをされたでしょう。

この事件では切り付けられたという被害ですみましたが、場合によっては命を失う危険性もあったと考えられます。
いないと思って入ったところに人がいたことで犯人こそ気が動転し、住人を攻撃してしまったのでしょう。

もしも空き巣被害にあったら、という事にプラスして、押し込み強盗のように入ってくることも考慮し、侵入が安易にできないセキュリティを保持している家にしなければならないということを考えさせられる事件です。

家に人がいないと思わせない配慮を

鍵がついているから安心という事はない、この事件では窓を割って侵入してきたという事なので、人がいるにもかかわらず、いる時間帯ではない、この家には人が今いないと思い犯人が強行に侵入してきたと考えられます。

家に人がいないと思われないようにするためにはどのような事を行えばいいのか、まず、ポストに郵便物や新聞をためないという事が大切です。
また、防犯カメラを設置したり、人感センサーライトなどを設置し、人が侵入してくると明かりがつくような防犯が必要でしょう。

窃盗犯などは人気がないところ、一目が届かない所から侵入しようとしますので、裏口などにもこうしたセンサー、防犯カメラなど設置し、防犯意識が強い家という事を知らしめておくことも重要です。

またエコの時代に怒られそうですが、一部屋灯りをつけていくとか、タイマーで暗くなる時間になって部屋の明かりがつくように設定する、さらに帰宅した時一人であっても、玄関で「ただいまー」と声をわざと出すなど、人がいる家に帰るようなイメージを作ることも防犯のためにいい事です。